高松カントリー倶楽部

景色がとても良いコースです。高松カントリー倶楽部は四国地方で最も古いゴルフ場で、太平洋戦争の終戦から9年後の1954年9月23日開場。当日は高松宮殿下によるテープカットや記念プレーが行われたそうです。 当初はインコース9ホールのみで開場し、2年後の1956年5月に残りの9ホールが完成、現在の18ホールのゴルフ場となったそうです。


瀬戸内海と瀬戸大橋が観れます。

#1ホール PAR3

#2ホール PAR4

#4ホール PAR4

#6ホールPAR5

#8ホール PAR3

#9ホール PAR4

#11ホール PAR4

#14ホール PAR3

#15ホール PAR4

#17ホール PAR3

#18ホール PAR4


【昼食】

フライドチキンカレーと唐揚げぶっかけ冷とサラダ

唐揚げカレー

唐揚げぶっかけ冷

生ビール

クラブハウスレストランからの眺め

瀬戸内海と瀬戸大橋


旅と趣味 平蔵

旅や遠出の記録です。主に画像のみで、内容などはリンクブログに記録を残しています。

0コメント

  • 1000 / 1000